イランダイアリー:17日目−2009年10月26

                        シラーズ>イスファハン

今朝はイスファハンの市場を訪れる機会があった。沢山の美しい緑色の葡萄を見たけれど有名なワインの原料になる紫色の葡萄はどこにあるのだろう? アミアーによると地元の人達が多量に赤用の葡萄を買い込むので、市場にはあまり出ないらしい。家庭でワインを飲んだりお客に出したりするのは違法にはならないので、自家製ワインが盛んらしい。シラーズ(又はシラー)赤ワインの発祥の地と言われているシラーズ迄来てワインはおろか、赤用の葡萄も味わえなかった。

今日はガジャール朝(1796−1925)に建造された歴史的な二つの建物を訪れた。両方とも素晴らしい美術的装飾であふれていた。最初は1888年に完成した壮観なナシール アルムルク モスク。建物全体が美しいタイルとステンドグラスで覆われており、もちろんお決まりのアヤトラ達の肖像もある。

二番目のサイトは『オレンジガーデン』とも呼ばれるバガエー ナレンジェスタン。どちらの建物にも当時の職人の素晴らしい技を見る事が出来る。優雅なタイルや鏡細工にガジャール朝の優れた文化と芸術に思いを馳せた。

午後にはイラン国民に愛され生涯をシラーズで過ごしたスフィ詩人ハフェズ(1315−1389)の廟を訪れた。イランの人々が彼等の詩人達に対して表す愛と賞賛はイラン文化の中で私の好きなことの一つである。

次の目的地イスファハンまでは6時間のバスの旅である。その間私達のバスは数回止まって運転手は警官に書類を見せなければならなかった。イランの高速バスは主要高速道路で定期的にチェックされるだけでなく、各バスにGPS送信機が着いていて、各バスがどこに行ったか、スピードはどのくらい迄出したかを当局が把握出来るようになっているとアミアーが説明した。このため高速バスはスピードを出し過ぎないようになっているが、トラックの運転手にはこのシステムは適用されず、彼等はしばしば8時間交代を超過し阿片を使用して過労を凌ぐということである。

No red Shiraz grapes  シラーズ赤用葡萄は見あたらなかった

Nasir al-Mulk Mosque ナシール アルムルク モスク

The Prayer Hall 祈祷の為の部屋

Bagh-e Naranjestan (Orange Garden) バガエー ナレンジェスタン(オレンジガーデン)

Tiled Alcove タイル張りのアルコーブ

A mirrored entrance-an infinity of images 鏡張りの入り口-無限の映像

At the tomb of Hafez, people bring copies of his poems to read and gently touch the tombstone ハフェズの墓-人々はハフェズの詩集を携え、墓碑に優しく触れる

A highway stop in the middle of nowhere-I felt as if I were under surveillance  野中のハイウエイストップ-まるで監視されている様な気がした

The police check us again!  また警官のチェック

A friendly greeting: “ From California! It’s a long way to come” 人懐っこい挨拶-「カリフォルニアから!遠いところからやって来たね」

Heaven for dessert enthusiasts デザート好きには至上の幸福

 

This entry was posted in Uncategorized and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です